【メギド72】初心者必見! 常設イベント配布オススメギド7選(2021年10月現在)

初心者への常設イベントオススメギド7選

常設イベントもかなり充実してきましたが、はじめたてのソロモン王はだれから仲間にしようか迷うと思います。

正直なところ、メギドはすべてのキャラに活躍の場面と強みがあるため、気になるキャラから仲間にすればいい、というのが結論になりますが、今回は個人的に攻・防・サポートそれぞれで即戦力としておすすめできるメギドを7柱紹介します。

①Cイポス~トランス「怒闘」でバーサークに革命をもたらす魔獅子~

 

まずは、バーサークの火力を底上げしつつ、トランス「怒闘」を付与できるCイポスをご紹介。

「怒闘」は2021年10月現在、CイポスとCサレオス、Cフルカス、専用霊宝装備のベレトのみが発動できますが、バーサーク状態の味方を自身のアタックに追撃させる「加勢」状態にしつつHPを15%回復できる覚醒スキルがとても優秀で、バーサークPTの安定編成には必須といえるメギドです。

スキルも「覚醒ゲージ+1&2ターンの間協奏ターン終了時HP20%回復付与&怒闘編成」と盛りだくさんで、配布にもかかわらずスキル一つでこれだけの効果を付与できるメギドはなかなかいません。

「怒闘」とは、バーサーク状態のメギドが攻撃することで「ボルテージ」が上がり、それに伴い攻撃力が上昇していくトランスです。ストーリー配布のシャックス、マルコシアス、ベレト、後述のストーリー配布のCシャミハザなどと相性がいいので、序盤のメインストーリー攻略時の火力不足を早々に解消できるのが最大の魅力です。アタッカーの覚醒ゲージを増やしつつHPを回復しバフもかけられる破格性能なので、本当にいろいろなところでお世話になってます。

MEも非常に有用で、「めまい無効」「トルーパーの覚醒ゲージ-1」は刺さる場面も多く、リーダー適正も高いです。

一方で、怒闘はターン終了時の自傷ダメージも増加するので注意が必要です。

また、怒闘状態はほかのトランス(ネクロや協奏など)と併用できないため上書きなど注意が必要です。

イベントストーリーもめちゃくちゃいいので必読です!!

②Rリリム~お手軽アタック強化が便利じゃないはずがない~

アタック強化をスキルだけでできるRリリムはやはり鉄板ですね。

スキルでのアタック強化という点ではBフォラスに立場を譲りがちですが、敵に防御力低下が付与できれば、フォラスの攻撃力よりバフの恩恵が大きくなるも見逃せません。

フォラス:スキル強化+味方の攻撃力20%上昇

リリム:スキル強化+敵の防御力25%低下

個人的にはアサルトボックスやハイドンなど、強力なラッシュオーブを装備できるので重宝しています。防御力も高く、「飛行」特性で地形攻撃をしてくるボスからの影響も無効にしながら安定したサポートができるのも強みです。

また、ゲージは重いですが、敵一列の強化解除&味方一列に固定ダメージLv×10を付与できる覚醒スキルも地味に便利です。

勝利モーションのパラパラがかわいいので必見です!

③Cブニ~ 確率ダメ無効特性も光る足の速いダメブロタンク~

言わずもがなのダメージブロックタンク。ぼくは2021年10月時点でメギド歴3年半くらいになろうとしてますが、未だにザガンがアジトにきません泣 なのでブニが常設された瞬間即召喚しました。

ザガンがいないならすぐに召喚すべきメギドだと思います。

ブニは以下3つの運用ができると思います。

①素早さ特化で敵よりも早くかばう

②HPを伸ばしてダメージブロック上限を底上げ

③特性の「15%の確率でダメージ無効」の確立を伸ばす

 

①は連続ダメージで苛烈な攻撃をしてくる敵などに有効です。かばえてしまえば完封勝利も可能なので、オーブ「ネクロス」などで素早さを上げる運用がおすすめです。

②はHP上昇オーブ「モグラ・マグラ」、防御力上昇やダメージ軽減の「ピーター」「ヘヴィパンチャー」「盾の幻獣体ブニ」などで、ダメージブロック上限を底上げすることで、覚醒スキルや場合によっては奥義もブロックできる運用です。

③は確率にはなりますが、オーブ「古の狂竜」や「氷のジバル」、霊宝「神罰の重盾」などで重ね掛けすることで、一撃必殺の攻撃などをくらってもかなりしぶとく味方を守り続けてくれます。

序盤であれば覚醒減少も通りやすいので、覚醒スキルで敵の奥義の妨害役も担うことができます。

ただ、スキル以外でかばうことができないため、ゲージ管理は注意が必要です。

④Cシャミハザ~火力不足を解消してくれるゴリゴリ雷アタッカー~

スキル・覚醒スキル・奥義すべてが雷ダメージであり、HP減少や覚醒スキルにより自身にバフを付与できる、配布とは思えないゴリッゴリの雷アタッカ―です。

撃たれ弱さがたまにきずですが、特性「HP70(専用霊宝装着時75)%以下のとき、攻撃力が25%上昇」によりメリットにもなります。

奥義は敵にダメージを与えるだけでなく、自身にスキルを追加して攻撃するので、実質4~5倍のダメージを与えることができます。

雷アタッカーは滞水地形によりダメージを伸ばしやすいですし、テルミナスメギド「ミノソン」の万雷の地形により大幅強化されたので活躍の場面は非常に多いです。前述のCイポスのバーサーク&怒闘も付与可能かつ、ホーリーフェイクなどで防御無視を付与することもできるので、単体ダメージとしてはとんでもない火力を出すことができます。また、素早さも高いので敵に先行してダメージを与えられるのも強みです。

専用霊宝装着によりアタックも雷ダメージになることですべての攻撃が雷ダメージになるので、エレキとの相性もいいです。その反面、雷ダメージへの耐性がある敵とは相性が悪いです。

⑤Bグシオン~協奏組屈指のヒーラー&バッファー~

圧倒的な攻撃力に注目が集まりがちな協奏ですが、大協奏状態に入るまでの立ち上がりや軌道に乗るまでのHP管理の面で、グシオンの特性とスキルには本当にいろんな場面で助けられました。第5~6章を協奏PTをメインで攻略した身としては、メインストーリーの攻略で最もお世話になった配布メギドといっても過言ではありません

大協奏状態では列HP回復+バリアを1回付与できるので、強力な範囲攻撃を受け流しつつ音符を付与することができます。

覚醒スキルも有能で、大協奏中であれば「味方全体の攻撃力・防御力・素早さを30%上昇」と、攻防のバッファーとしても非常に優秀です。

また、特性「音符が1つ以上蓄積されているとき、ターン終了時、味方単体のHPを音符1つにつき4%回復(最大値20%)」により、フォトンを振ることなく味方を回復してくれる有能さ。

奥義モーションの通称「グシオンキック」もかわいいし侮れない火力なのでサブアタッカーとしても重宝します。

協奏メギドの宿命ですが、グシオンだけでは音符を稼ぐことが難しく真価を発揮できないので手持ちに左右される点、特性の自動回復は止めようがないので、ゾンビ状態だった場合はデメリットになるので注意です。ですが、列回復のヒーラーとしてだけでも序盤は頼りになると思います

イベント「蒼の組曲」も人気のストーリーです

⑥アンドレアルフス~攻守に光るいぶし銀~

足が速くHPも高い、サポート性能もすこぶる優秀な連撃アタッカーです。

スキルの80%でのフォトン破壊攻撃は、耐性がない敵のフォトンを粉々にして何もさせないことも可能です。

覚醒スキルは子気味いい6連撃+めまい付与と、耐性がなければ確定でめまいを付与できます。

3ターンにわたって「味方横一列へのダメージを30%軽減+Lv×10の固定追加ダメージを付与」する奥義は、打たれ弱いラッシュ編成にとって攻守のバフとして非常に優秀です。これが覚醒ゲージ3でうてるのは破格です。アタック強化すればターン数、軽減率、固定ダメージ、全ての効果が1.5倍になるため、「4ターン、45%ダメ軽減、固定ダメ1050付与(Lv70の場合)」となり、これを発動できれば勝てるまであります。

自身は攻撃力が高くないのでサポート役に徹して奥義やスキルによるフォトン破壊要員として起用することが多いです。HPは高いですが防御力は低いので、もたもたしていると落ちてしまうことがあるため注意が必要です。また、奥義はダメージ軽減付与優先で対象を選択するため、サポートの後列に付与する事故が起きないようにターゲットしましょう

⑦Cメフィスト~トップクラスのMEと多様な使い方が可能なスキルが魅力~

個人的に配布・召喚問わず、リーダー時MEの有能さはトップクラスだと思っています。特にカウンターファイターに「戦闘不能時、一度だけHPの50%で蘇生」の効果は、序盤のメインストーリー攻略で本当にお世話になりました。ガープやシャックスに踏ませることで、前線を維持しつつ事故っても一度は許される安心感(笑)。

メフィスト自身のリーダ―時MEの「戦闘開始時2ターンの間味方全体にランダムで効果を付与」は、「攻撃力10%上昇、ダメージ15%軽減、状態変化耐性」の3択です。

このなかで最も有用な「状態変化耐性」は、序盤に付与できるオーブやメギドがいなかったこともあり、4章の不死者との戦闘では立ってるだけで大活躍してくれました。

パイモンの毒やアスモデウスの煉獄の炎を無効にし、ガープが戦闘不能になっても一度だけ蘇らせ、スキルでシャックスを殴り続けて奥義を最大Lvまで上げて辛くも勝利したのはいい思い出です。

覚醒スキルのダメージも運任せではありますが固定ダメージなのである程度安定してダメージを稼げます(始めたての頃、アシュトレトをこれで狩っていた自分泣)。

リーダー時MEによる蘇生はネクロやHP割合で特性や攻撃力などが変化するメギドとの相性も抜群のため、いろいろな編成に組み込めるトリッキーさが魅力なメギドです。防御力と素早さもかなり高いので、オーブ役や列攻撃分散要員としても優秀です。

注意点は、スキルで味方のダメージを削りすぎないこと、MEのランダム効果はあくまでランダム発動かつ2ターンの間だけなので過信は禁物なことくらいでしょうか。

まとめ~攻略につまずいたら常設イベントをのぞくべし~

いかがだったでしょうか。ガチャ産かと見まがう性能の配布メギドがたくさんいるので、メインストーリーの攻略につまずいたらぜひ常設イベントをのぞいてみてください。

今後専用霊宝で化けることもありうるので、気になるメギドは時間のあるときや消費ST低減キャンペーンの際にアジトに呼んでみてはいかがでしょうか。